〒466-0837 愛知県名古屋市昭和区汐見町4-1

TEL&FAX: 052-832-5851

E-MAIL : shouwabi@shouwa-museum.com

収蔵品COLLECTION

朝鮮唐津一重口水指(からつひとえぐちみずさし)

朝鮮唐津一重口水指
九鬼家伝来
江戸時代初期


 朝鮮唐津とは九州佐賀で焼成される唐津(からつ)焼の一種であり、天正から寛永(1573~1644年)年代に製陶された。作風が朝鮮半島中部地方の諸窯で焼かれたものの流れを汲むところから、朝鮮唐津と呼ばれるようになった。ろくろは使わず、底と紐状の側面を叩いて形成するため、固く締まり薄手である。またその多くは藁灰による白濁釉と黒釉がかけ分けられているのが特徴で、内側には薄く鉄釉をかけている。口縁部から作為的に釉の流れをつけたもので、最初から茶陶として生産されたものだと考えられている。





収蔵品一覧へもどる

公益財団法人後藤報恩会 昭和美術館

〒466-0837
愛知県名古屋市昭和区汐見町4-1

TEL/FAX:052-832-5851
Eメール: shouwabi@shouwa-museum.com