〒466-0837 愛知県名古屋市昭和区汐見町4-1

TEL&FAX: 052-832-5851

E-MAIL : shouwabi@shouwa-museum.com

収蔵品COLLECTION

石山切「伊勢集」

石山切「伊勢集」
平安時代後期(12世紀)


 石山切(いしやまぎれ)とは西本願寺本三十六人集のうち「貫之集・下」と「伊勢集」の断簡をいう。
本願寺が元は摂津石山(現在の大阪城付近)にあったことから、昭和4年(1929)に分割する際に、益田鈍翁(どんのう)によって命名された。この三十六人集は天永3年(1112)白河法皇御賀に謙譲のため作成されたと推定されている。
 本料紙は白・白茶・藍・薄茶・茶の五種類の料紙を、破り継ぎの技法により構成し、さらに金銀泥で草花や鳥の下絵を施した豪華なものである。
冊子本に仕立てられていた形跡として、右端に糊付け部が残る。

→石山切「貫之集・下」





収蔵品一覧へもどる

公益財団法人後藤報恩会 昭和美術館

〒466-0837
愛知県名古屋市昭和区汐見町4-1

TEL/FAX:052-832-5851
Eメール: shouwabi@shouwa-museum.com