〒466-0837 愛知県名古屋市昭和区汐見町4-1

TEL&FAX: 052-832-5851

E-MAIL : shouwabi@shouwa-museum.com

収蔵品COLLECTION

鳳凰螺鈿分銅形食籠(ほうおうらでんぶんどうがたじきろう)

鳳凰螺鈿分銅形食籠
琉球
16世紀


 食籠(じきろう)とは食物を収める容器である。室町時代には、大陸から唐物の食籠が伝わり棚飾りとしても用いられていた。
 琉球の漆器は本品のような深みのある朱色が特徴であり、この朱色は琉球独特の高温多湿の気候により、日本の別の地域では乾燥させることができないほどの多量の朱や油を入れた(うるし)を使うことによって作ることができる。





収蔵品一覧へもどる

公益財団法人後藤報恩会 昭和美術館

〒466-0837
愛知県名古屋市昭和区汐見町4-1

TEL/FAX:052-832-5851
Eメール: shouwabi@shouwa-museum.com