〒466-0837 愛知県名古屋市昭和区汐見町4-1

TEL&FAX: 052-832-5851

E-MAIL : shouwabi@shouwa-museum.com

収蔵品COLLECTION

小倉色紙 「あはれとも」

 小倉色紙 「あはれとも」
藤原定家  筆
因州池田家伝来
鎌倉時代(13世紀)

 小倉色紙は藤原定家(1162~1241年)が選んだ百歌人の歌を色紙一枚につき一首を書いたもので、小倉山の山荘の障子(襖)に貼られていたといわれる色紙である。
 武野紹鴎(たけのじょうおう)千利休(せんのりきゅう)などの茶人が小倉色紙を茶の湯の掛物に用いたことから、江戸時代を通じて茶の湯において大変に珍重された。
 本書の料紙は素紙で切り継ぎが二ヶ所あり、下書きと思われる。歌は藤原伊尹(これただ)謙徳公(けんとくこう))の「あはれとも いふべきひとは おもほえで 身のいたづらに なりぬべきかな」。





収蔵品一覧へもどる

公益財団法人後藤報恩会 昭和美術館

〒466-0837
愛知県名古屋市昭和区汐見町4-1

TEL/FAX: 052-832-5851
Eメール:shouwabi@shouwa-museum.com