〒466-0837 愛知県名古屋市昭和区汐見町4-1

TEL&FAX: 052-832-5851

E-MAIL : shouwabi@shouwa-museum.com

収蔵品COLLECTION

西行像画賛

西行像画賛
松花堂昭乗(しょうじょう)  筆
江戸時代初期


 松花堂昭乗(1584~1639年)は江戸時代初期の文人数奇者で、男山八幡宮(現在の石清水八幡)の僧である。寛永の三筆に数えられる能書家で、学問・文芸・絵画にも深く通じ、その書は在命時から高く評価されていた。
 西行像と西行の歌を本歌取りした歌と共に、松花堂昭乗によって書かれている。また本品には、この歌に対する感想などを書いた小堀遠州(こぼりえんしゅう)の手紙も添えられている。





収蔵品一覧へもどる

公益財団法人後藤報恩会 昭和美術館

〒466-0837
愛知県名古屋市昭和区汐見町4-1

TEL/FAX:052-832-5851
Eメール:shouwabi@shouwa-museum.com